会長ご挨拶

成田山全国競書大会会長 成田山全国競書大会を迎えて貫首より

成田山全国競書大会会長
大本山成田山新勝寺貫首
岸 田 照 泰

第38回成田山全国競書大会開催にあたり

 成田山全国競書大会は、全国にわたる書道家並びに関係皆々様のご支援のもと、次代を担う青少年に書道を通じて心のやすらぎを与え、豊かな情操を養うことを目的として開催し、今大会で第38回を迎えます。 御蔭をもちまして、当初より中国大使館、読売新聞社並びに中国書法家協会の後援を賜り、平成19年からは特別賞として蘭亭新星賞を授与いただいております。
 前大会では、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大状況を鑑み、関係各位の健康と安全を第一に考慮した結果、授賞式、国内外の交流会は中止といたしました。 依然、コロナ禍は終息の目処が立たず、先行きの見えない状況が続いております。一日も早い終息、また感染された方々の一刻も早いご回復を心よりお祈り申し上げるところでございます。
 この度、第38回大会を感染拡大防止に十分配慮した上で開催させていただくこととなりました。今大会も授賞式等は感染拡大状況を注視しながら進めさせていただきます。
 時節柄、種々ご苦労をお掛けいたしますが、全国の書壇並びに教育関係各位には本大会の趣旨をご理解いただき、今後も格別のご協力を賜りますよう何卒お願い申し上げます。